学校紹介 卒業後の進路

学芸高校の7つのコースでリーダーとなる生徒育成を目指す

附属中学校3年になると、十分な進路相談を行い、学芸高校のどのコースに進むのかを考えていきます。学芸高校では、「選抜特進コース」「特進理数コース」「特進看護コース」「特進コース」「進学コース」「国際コース」「特技コース」の多彩なコースを用意。中学3年生段階での学業成績やさまざまな活動実績を踏まえ、生徒本人にとって最もふさわしいコースを選択します。
学芸高校入学後、附属中学校の生徒には、各コースのなかで、高い自主性と人間性を兼ね備えた「7つのコースの各リーダー」としての役割を期待。勉学やクラブをはじめとする、さまざまな場面で活躍してくれることを願っています。

附属中学校卒業後の進路

附属中学校卒業後の進路
  • ①進路目標や適性などにより変更できない場合もあります。
  • ②特技コースを除く全コースから入学後(4月)に留学希望を募りますので、1年留学が可能です。
  • 一部、習熟度別クラス編成を採用しています。