教育の特色 カリキュラム

豊富な授業量で理解が深まり、 中学校3年間で必要な知識が身に付きます。

公立中学校よりも豊富な授業時間でもあえて先取り学習を行わず、中学校の学習内容を完全にマスターした上で、応用・発展へと深めていきます。「静かで、落ち着いた」学習環境の中、授業に集中することで、必要なことはすべて授業内で身につけ、放課後は「自分の時間」としてフル活用できます。

管理自習室
マイペースな学習が可能なブース形式の自習室。
平日は7時まで、土曜は6時まで利用可能です。

3年間のカリキュラム

教科 1学年 2学年 3学年
国語 4 5 5
社会 4 4 4
数学 5 5 6
理科 4 4 4
音楽 1.5 1 1
美術 1.5 1 1
保健体育 3 3 3
技術・家庭 2 2 1
英語 6 6 6
道徳 1 1 1
総合的な学習の時間 2 2 2
特別活動(LHR) 1 1 1
総数 35 35 35

学習指導要領の改定等によりカリキュラムを見直すことがあります。

附属中学校と公立中学校の5教科の授業時間数比較

  附属中学校   公立中学校
国語 社会 数学 理科 英語 国語 社会 数学 理科 英語
1年 4 4 5 4 6 1年 4 3 4 3 4
2年 5 4 5 4 6 2年 4 3 3 4 4
3年 5 4 6 4 6 3年 3 4 4 4 4
14 12 16 12 18 11 10 11 11 12
72時間 55時間

さまざまな取り組みについて

朝読書・書き写し・朗読
朝・終礼時に実施しているこれらの地道な取り組みによって、すべての学習の基礎・コミュニケーションの基礎となる「ことば」の力をはぐくみます。
道徳・LHR
アクティビティやワークショップも積極的に取り入れて、一人ひとりの主体性・積極性とともに仲間との協調性を身につけていきます。
総合的な学習の時間
(国際理解教育)
英語学習の前提となる「異文化理解」についての学びとツールとしての英語を使い慣れる「英会話」の二本柱で「国際理解教育」を推進しています。