教育の特色 21世紀型教育

大阪学芸が目指す「21世紀型教育」とは

大阪学芸では、座学をしっかりと行い基礎力(知識)をつけ、これをもとに思考力(問題解決能力)や実践力(人間関係形成力)をつける教育を行っていきます。

21世紀は過去の知識や経験だけでは解決できない問題が次々と押し寄せてくる世紀と言えます。
特にグローバル化が進む中でさまざまな民族・文化を受け入れながら問題を共有しアイデアを出し合い課題を解決することが必要となってきました。
21世紀型教育とは未知の問題に直面した時に自ら考え解決する力を育成する教育です。