教育の特色 英語教育・国際理解教育

週8時間の英語と国際理解教育で培う真のコミュニケーション能力

必修教科の「英語」5時間と「国際理解教育(総合的な学習の時間)」3時間を横断的にとらえ、基礎力の定着から多文化共生の学びまでをトータルに扱い、真のコミュニケーション能力を育成します。
2024年度より、全学年とも「英語」6時間・「国際理解教育(総合的な学習の時間)」2時間となります。

ポイント教科書内容・文法は日本人教員が徹底指導

5時間のうち3時間は教科書内容の完全マスターを目指します。マスターすれば中学3年で英検3級レベルの合格が可能です。
また、2時間は英語嫌いが生まれやすい文法学習にあて、Standard と Advanced の習熟度別2クラスで学びます。

ポイント4技能をバランスよく習得

英語習得に必要とされる Reading/Writing/Listening/Speaking の4つの技能を重視。ひとり1台のタブレットや全教室完備の電子黒板を利用することで、日本人教員が担当する授業でも4技能をバランスよく習得できます。

ポイント国際理解教育はネイティブ教員によるイマージョン教育

ネイティブ教員が英語で異文化理解の授業を行うイマージョン教育を導入し、コミュニケーションツールとしての英語運用能力の増強を図ります。
コミュニケーションの機会を増やすため2クラスを4展開し、生徒の技能や関心に応じて、「LAP(Language Arts Plus)」または「ECS(Effective Communication Skills)」のいずれかに分かれて学習します。

LAP と ECS について

    • LAP はカナダ・ブリティッシュコロンビア州のカリキュラムに基づき、Reading と Writing に重点を置いて自分の意見を伝えられるように、ネイティブの生徒向けテキストを使用してクリティカル・シンキング等のスキルを身につけます。
    • ECS は英語圏で出版されている ESL/EFL 用のテキストを使用して Listening と Speaking を中心に据えてペアワークを多用して、正確で的確なコミュニケーションスキルを身につけます。

LAP・ECS ともに、日本文化・海外文化について正しく理解し、伝えることを最終目標としています。

海外修学旅行や希望制海外語学研修を実施し、3年間の英語教育・国際理解教育の学習の成果を実地に生かします。

海外修学旅行 3年生5月 台湾方面 3泊4日
シンガポール・ビンタン島
シンガポール・ビンタン島

※写真はイメージです。

海外語学研修(希望制) 3年生3月 フィリピン(セブ島)方面 約2週間
フィリピン(セブ島)方面
フィリピン(セブ島)方面

※写真はイメージです。

※国際情勢の変化により変更になる場合があります。